something nice

embracen.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ちょい旅( 225 )

雪の彫刻の森美術館

先週、雪がい~っぱい残っている箱根の彫刻の森美術館に行ってきました。
数日前までは、箱根登山鉄道がストップしていたんですが、17日から通行。
でも、バスや海賊船などは、ストップしていました。
そんな交通事情でしたが、18日は寒さがやわらぎ、そこそこお客さんが入っていました。
f0110488_14453622.gif
f0110488_14454946.gif
f0110488_1446861.gif
f0110488_14462581.gif
雪に埋もれたオブジェたち。
立ち入れない場所も数ヶ所あって、次回は春に訪れましょう。

今回の宿は、急遽予約して、富士屋ホテルに泊まったんですが、本当はフジヤホテル系列の山梨のフルーツパークホテルに泊まる予定でした。
でも、ご存知のようにあの45年ぶりの大雪で、「ホテル側からお越しいただくのは無理です。」と連絡があったんです。
1mを超えている大雪では、いくらスタットレスにしたって無理ですものね。
[PR]
by embracen | 2014-02-28 14:52 | ちょい旅 | Trackback | Comments(0)

雪国箱根

f0110488_1311514.jpg

箱根の富士屋ホテルに宿泊して、昨日箱根ドライブ。
まだあちらこちら通行止めがあり、ぐるぐる回って終了。
バスや観光船も運休。
元箱根は、雪に埋もれてる感じでした。
車は、離合するのも大変なところもありましたよ。
[PR]
by embracen | 2014-02-20 12:58 | ちょい旅 | Trackback | Comments(0)

星の王子様ミュージアム

f0110488_19345070.gif
先週の日曜日のことですが、娘家族と一緒に、箱根仙石原にある星の王子ミュージアムに念願かなって行ってきました。
行きたかったのは、私と娘なんですがね。
f0110488_22502647.gif
サンテグ・ジュペリの星の王子様は、大好きで舞台を見に行ったりしたんだけど、ここを訪れるのは初めてです。
f0110488_22554056.gif

f0110488_22555828.gif
フランスの街並みを再現したミュージアムは、サンテグ・ジュペリの時代にタイムスリップさせてくれます。
f0110488_2342716.jpg

f0110488_2345426.gif
作者のサンテグジュペリの生涯が丁寧に描かれているミュージアムです。

孫のセーラちゃんと一緒だったので、あまりゆっくり、じっくり見ることができなかったんですが、メルヘンチックでおとぎの国好きにはたまりませんよ。

ミュージアムを訪れて、本を読み直したくなっちゃいました。
[PR]
by embracen | 2014-01-26 23:10 | ちょい旅 | Trackback | Comments(0)

稲取細野高原のすすき

もう1週間も前のことですが、台風の影響を心配しながら、稲取細野高原のすすきを見に行ってきました。
11月の半ばまでイベントやっているんだから、なにもそんな日に行かなくてもよさそうなもんでしたが。
f0110488_23571090.gif
この高原に入るのに500円の入山料がかかります。
駐車場からイベント会場まで歩き、そこで無料のバスもしくはタクシーが頂上付近まで送ってくれます。
お天気が良ければ、歩きながら登っていってもいいんでしょうけどね。
タクシーを降りて10分くらい歩くと頂上に着きます。
お天気が良ければ、海が広がって絶景だど思います。
f0110488_01741.gif
反対の天城山のほうには、風力発電が立ち並んでました。
やっぱりこの光景は、なんか異様な感じがします。
f0110488_034232.gif
f0110488_035639.gif
f0110488_041619.gif
東京ドーム26個分の敷地にすすきが広がっています。
でも、箱根の仙石原のようにススキの中を歩いているって感じではないですね。
イベントが終わると自家用車も通れるように車1台分の車幅の道路を歩くんです。
ススキが、こんなに群生しているところが、仙石原以外にもあったことに驚きでした。

稲取高原駅からバスが出ていて、そこで1000円のパスポートを買うと[入山券+地域振興券300円×2枚綴]がついていますよ。

f0110488_0154332.giff0110488_01628.gif
巨大ブランコがあったので、ダーリンと二人童心に帰って楽しんじゃいました003.gif
[PR]
by embracen | 2013-10-30 23:50 | ちょい旅 | Trackback | Comments(0)

コキアの紅葉まっさかり

セーラちゃんとの旅行の最終日、自宅に戻る途中「ひたち海浜公園」に寄り道~
コキアが丁度見頃を迎えているとネットで調べて、ぜひ寄りたいと思っていたんですよね。
帰りは日曜日。お天気は、青空が広がる絶好の行楽日和。
公園までの道のりは、車は長蛇の列をなしていましたが、セーラちゃんは朝寝タイムで熟睡中で大助かり。
f0110488_23341446.gif
何年か前に来たときは、コキアの見頃が過ぎていたので、とっても楽しみ~
f0110488_23355519.gif
萩の向こうに広がる紅葉がコキア。
たくさんの人が訪れていました。
f0110488_23373319.gif
白いソバの花と赤いコキアのコントラスト。
f0110488_23392192.gif

f0110488_2341319.gif
f0110488_2341344.gif
f0110488_23415276.gif

コスモスもキレイに咲いていました。コスモスの見頃は、もう少し先かしら。
f0110488_23433660.gif
f0110488_23434937.gif
f0110488_2344346.gif
f0110488_23441796.gif
ちょっと、いろんな撮り方をしてみました。

小さい子がいればこそのお楽しみ。久しぶりに観覧車に乗りましたよ。
f0110488_23445770.gif
f0110488_23453190.gif
f0110488_23455590.gif

極めつけは、メリーゴーランド。
f0110488_23464037.gif
メリーゴーランドだから、馬かなぁと思っていたら、海の動物のメリーゴーランドでした。
セーラちゃんは、お馬さんに乗りたいと言ってたんですが、イルカで勘弁してもらいました。
久しぶりに童心に返り、楽しい1日でした。
[PR]
by embracen | 2013-10-19 23:50 | ちょい旅 | Trackback | Comments(0)

りんどう湖ファミリー牧場

先週の金曜日、孫のセーラちゃんと一緒に福島に向かう途中、栃木県にあるりんどう湖ファミリー牧場に寄りました。
前日から泊りがけで我が家に一家で来ていた娘家族。
娘も婿殿もお仕事で、朝早々にお出かけ。
セーラちゃんは、「パパとママはお仕事」と泣かずにお見送り。
時折、「パパは?ママは?」と思い出すけど、大泣きする様子もなくとってもお利口さんです。
f0110488_23264863.gif

雨上がりにりんどう湖に到着。
f0110488_23312481.gif
f0110488_23314165.gif
一緒に馬に乗りましたよ。
『怖い~』を連発してましたが、一緒に乗って、少し緊張美味。
でも、印象的だったのか、翌日から「セーラちゃん、お馬さんにパカパカしたの」と話、また乗りたい様子。
この乗馬体験は、私もテンション揚がっちゃいました。
馬からの視線って、ほんとに高いですね。楽しくなっちゃいました。
次男も楽しそうでしたよ。
f0110488_23372816.gif
f0110488_23375244.gif
f0110488_23385544.jpg
動物に触れ合おうと思って、ヤギやヒツジ・アルパカ・馬やウサギ・モルモットにセーラちゃんを連れて行っても、怖い、怖いで泣かれちゃいました。
怖いが口癖みたいなんですけどね。
いっぱいの動物にビックリしちゃったのかもしれないですね。
その他、船に乗ったり、結構楽しめる牧場ですよ。
[PR]
by embracen | 2013-10-18 23:22 | ちょい旅 | Trackback | Comments(0)

七沢温泉のかぶと湯温泉山水楼

f0110488_11545895.gif
f0110488_11551717.gif
思いがけない山登りで、たっぷり汗をかいたので温泉にはいってきました。
こんなところに温泉宿があるの?と思うくらいの場所にあります。
f0110488_11595955.gif





玄関を入ると古めかしいかぶとが飾ってあります。
鹿の剥製もあり、壁一面に古めかしいお面がディスプレイされています。





f0110488_121748.gif
ひなびた温泉宿のお湯は、天然自噴の温泉で、お湯に浸かるとお肌がツルツルです。
蛇口から出るお湯もシャワーのお湯もみんな温泉です。
お湯の中では、ツルツルなのに、あがるとサラッとするから不思議ですね。
f0110488_1291184.gif

f0110488_1292949.gif

f0110488_1295482.gif
露天から見える景色は、新緑。清清しいですよ。
料金1000円でお茶缶1本サービスでつきました。
お湯から上がった後、体中ポカポカで汗がjなかなか引かないくらい、温まる温泉です。
温泉の湯船は、本当にこじんまりとしています。
[PR]
by embracen | 2013-06-11 12:14 | ちょい旅 | Trackback | Comments(0)

伊勢原あやめ祭り

f0110488_21533542.gif
今日は、山登りに行こうと張り切っていたんですが、昨日から雨マークがついていたんで予定を変更して、伊勢原市のあやめ祭りに行ってきました。
2万株のあやめが8割くらい咲いていましたよ。
お天気は、どんより曇っていましたが、平日でも見学する人がひっきりなしに訪れていました。
土日は、駐車場が満車になってしまうとか。
おススメは、平日ですね。







f0110488_2221691.gif
f0110488_215864.gif
f0110488_21582664.gif
f0110488_21585233.gif
f0110488_21591496.gif
f0110488_21592731.gif

[PR]
by embracen | 2013-06-07 22:02 | ちょい旅 | Trackback | Comments(0)

びっくり熱海城

アカオハーブ&ローズガーデンを訪ねた帰り、学生時代に訪れたはず?の熱海城に行ってみようということになり、帰り道なのでよってみました。
f0110488_16582961.gif
先輩の車で来たと思うんだけど、もう30年くらい前の話。
こんなお城だったっけ?
熱海城は、関東・東海地方に威をふるった小田原北条氏歴代の名将たちも水軍の根拠地として築城を希望しながら果たし得なかったこと。
桃山時代、慶長初期の様式にのっとり、外装5層、内部9階の高層建築で昭和34年に築城ものと知りました。
熱海城の中は、アミューズメントのようになっているみたいだったので、入館しなくてもいいねということになり、
パノラマ展望天守閣はすばらしいとのことでしたが、パス。
f0110488_17829.gif
f0110488_179280.gifこの展望だけでも十分楽しめたので、駐車料金500円払って、足湯の祭に使うこのタオル1枚もらって帰りました(笑)


学生時代行ったお城は、どこだったんでしょう?
[PR]
by embracen | 2013-05-29 17:12 | ちょい旅 | Trackback | Comments(0)

ゆったり気分を味わえる駅近 万葉の湯(神奈川・小田原お堀端)

f0110488_23283318.gif
17日、アカオハーブ&ローズガーデンの帰りに小田原駅の直ぐそばにある万葉の湯に行ってきました。
3日の北条五大祭りを見学に小田原を訪問していましたが、一人だったので今回にとっておきました。

北条五代祭りの記事はこちらこちら


f0110488_23373915.gif
f0110488_23375411.gif
金曜日の夕方5時30分に入館。
f0110488_23403199.gif
チェックの時、室内着として作務衣か浴衣をチョイスできます。
作務衣を選択しましたが、全体的にちょっと大きくて、、また可愛らしい柄の浴衣もあったので、浴衣にすればよかったかなぁと後悔。
なにわともあれ、お風呂場に直行。
浴室には、ほとんど人がいなくて、内湯も露天もほぼ貸しきり状態でした。
内湯の横にある露天には、大きな丸太が浮かんでるんですよ。
屋上の露天は、月を見ながら、のんびり、ゆったりお湯に浸かることができましたよ。
f0110488_23583496.jpg
館内は、いろいろな設備が整っていました。子供が遊べるコーナーもあるし、長時間いても飽きないようになっています。
全部、別会計だけど・・・
リラックスルームがとっても広かったけど、これって全部埋まることあるのかなぁと思えるほどたくさん休憩チェアがありました。
休憩室にこれだけのスペースを割くのなら、無料で入れる岩盤浴があるともっとうれしいかも。
お食事処で夕食を済ませて帰りました。
f0110488_091082.jpg
お味は、普通かな。
スタッフさん、ここでもお客さんがほとんどいなくて、もてあましていたのか、ウロウロ。
こちらは、お水などセルフだったんですが、注文を受けたとき、お水はセルフで場所はあちらですとか一言付け加えてくれれば、お水は何時持ってきてくれるのかなぁと待たずにすんだんだけどね。
ちょっと配慮に欠けて残念でした。

お風呂に入り、サッパリと帰宅しました。
万葉倶楽部 万葉の湯 モニプラサイトファンサイト参加中
【上質の温泉・食・憩い】 小田原お堀端 万葉の湯
[PR]
by embracen | 2013-05-24 23:23 | ちょい旅 | Trackback | Comments(0)